ロニテンの副作用を服用前に把握しておきましょう

ロニテンの副作用

今や世界中には、幅広い用途の医薬品が数多く存在します。いずれも特定の病気・症状に優れた効果を発揮する、心強い味方といえます。

しかし、医薬品が含有する有効成分は強力な効果を発揮するため、ときには人体に負担をかけ、悪影響を及ぼすこともあります。

本来の想定していた効果とは別に、こうして生じる目的外の効果を副作用といいます。

どのような医薬品を使用するにしても、副作用のリスクを常に念頭に置いておく必要があります。

もちろんロニテンも例外ではなく、服用による副作用がいくつか確認されています。

 

塗り薬タイプに比べ副作用が強い

AGA治療薬というと外用薬が大半を占めますが、ロニテンは服用することで効果を得られる内服薬です。

体内から有効成分・ミノキシジルを吸収するので、外用薬に比べてより効果を得られやすい点がポイント。

しかしその一方で、強めの副作用が生じやすいというデメリットもあります。

これは、ミノキシジルが全身に行き渡り、強力な効果を発揮するためです。

ロニテンを服用してAGA治療をしようと考えている方は、起こりかねない副作用について詳しく知っておく必要があります。

 

主な副作用

有効成分・ミノキシジルの吸収率が高く、さらに体内での作用時間が外用薬よりも長いロニテンは、服用による副作用が現れやすいことが懸念点として挙げられます。

また、外用薬に比べて、副作用の症状が強く現れやすい点も要注意です。

では、ロニテンの副作用として、どのような症状があるのでしょうか。

たとえば、発症事例が多い副作用として低血圧、そしてそれにともなう目眩や動悸が挙げられます。これは、ミノキシジルが持つ血管拡張作用により、急激に血圧が低下して起こります。

健全な方はもちろんのこと、もともと血圧が低い方は注意が必要です。

また、服用後に車を運転したり高所で作業をしたりするのも控えるべきでしょう。

そのほか、手足のむくみや頭痛なども主な副作用として挙げられます。

 

比較的多くみられる多毛症

血圧の低下や目眩、頭痛など、ロニテンの服用による副作用は多種多様ですが、そのなかでも特に確認されているのが多毛症です。

多毛症はその名のとおり、毛髪だけでなく全身の体毛が濃くなる症状をいいます。

外用薬なら患部にのみ塗布するため、発毛効果が全身に及ぶことはありません。

しかし内服薬であるロニテンは、服用することでミノキシジルが全身に行き渡ってしまいます。その結果、腕毛や胸毛、すね毛など、あらゆる体毛の発育が良くなってしまうのです。

多毛症は人体に深刻な悪影響を及ぼす症状ではないものの、精神的なダメージを与える可能性があります。

ロニテンを服用する際は、副作用として多毛症を引き起こす可能性があることを念頭に置いておくことをおすすめします。

 

稀に起こる重大な副作用

多毛症をはじめ、頭痛や目眩といった副作用は、いずれも軽度な症状であることがほとんどです。

仮にこれらの副作用が現れたとしても、人によってはそこまで深刻な問題として捉えないかもしれません。

しかし、ロニテンの服用による副作用には、こうした軽度の副作用だけでなく重篤な副作用も確認されています。なかには命にかかわるような症状もあります。

たとえば、重篤な副作用のひとつとして不整脈が挙げられます。

脈拍が遅くなる、あるいは速くなるといった不規則な状態をいいます。場合によっては胸痛や失神を併発する可能性があるだけでなく、急な心肺停止を引き起こすリスクも考えられます。

また、急激な血圧低下により、自律神経障害や心筋梗塞を招く可能性があるともいわれています。

 

まとめ

ロニテンはAGAによる薄毛・抜け毛の進行を抑制する、ありがたい医薬品です。

しかしその一方で、人体にマイナスの影響を及ぼす副作用を招くリスクがあるものでもあります。

服用によって副作用が現れたとしても軽度な症状であることがほとんどですが、ときには命を危ぶめるような重篤な副作用を招く可能性もないとは言い切れません。

誤った方法で服用する、自分の体質にマッチしていないにもかかわらず服用する、といったことをすると、副作用が現れる可能性は高くなります。

安心安全にAGAを治療するために、正しい方法で服用することを徹底しましょう。

>>ロニテンの正しい飲み方について