ミノキシジルの発毛効果でAGAから脱却しよう!

ミノキシジルの効果を詳しく解説

ロニテンが含有する有効成分であり、AGA治療において高い効果を発揮するミノキシジル。

しかし、その名前を耳にしたことはあっても、効果や作用機序、そのほかの特徴など詳しいことを知らない方が多いのではないかと思います。

そんな方のために、ここではミノキシジルの詳細について解説していきたいと思います。

近々ミノキシジルを含有するAGA治療薬を服用し始めようと考えている方、現在ミノキシジルを含むAGA治療薬を使用しているものの、なぜ効果が得られるのかわかっていない方はぜひチェックしてみてください。

 

ミノキシジルとは

ミノキシジルは、血管を拡張するはたらきがある成分です。

現在はAGA治療に大きく貢献する成分として有名ですが、開発当初は高血圧治療を目的にしていたことをご存知でしょうか。

血管を広げ、血圧を低下させることで高血圧を治療するのが本来想定していた用途ですが、開発過程において強い育毛効果があることが発覚。以降、AGA治療に用いる成分として開発が進められた、という経緯があります。

開発直後は当初の予定どおり、高血圧治療にも用いられていたようですが、現在はAGA治療のためにのみ用いられています。

 

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果は、毛髪の幾毛をサポートすることです。

AGAによって薄毛や抜け毛が進行するのは、ヘアサイクルの乱れによって弱々しい毛髪が生えてしまっているためです。

そんな細くて短い毛髪をたくましいものに成長させるために、ミノキシジルが効果を発揮します。

太くて長い丈夫な毛髪が育ちやすい状態を作ることで、抜け毛を防止。その結果、薄毛の進行を阻止します。

また、本来の目的ではありませんが、血圧を低下させる効果もあります。

 

発毛効果

ミノキシジル最大の効果といえば、なんといっても毛髪の発育を促すことです。

薄毛や抜け毛が進行する大きな原因は、毛髪の成長が不十分であり、細く短い状態で成長が止まってしまっているためです。

こうした弱々しい毛髪は簡単に抜け落ちやすく、それによって全体的に薄毛が進行します。

ミノキシジルは頭皮環境を整えることで、抜け落ちにくい丈夫な毛髪が生えるように成長をサポートします。

 

高血圧薬

ミノキシジルには血管を拡張するはたらきがあり、これによって血流を促します。

もともとはこのはたらきを利用して、高血圧患者の治療に用いることを目的としていました。

研究開発を進めている過程において毛髪の成長を促す効果が確認されたため、それ以降はAGA治療薬として開発が行われたという経緯がありますが、当初は血圧の低下を目的としていました。

その基本的な効果はもちろん今も変わっておらず、AGA治療だけでなく高血圧の治療に用いることも可能です。

 

ミノキシジルの作用の仕組み

ミノキシジルは毛髪を生やす魔法の成分ではありません。

きちんとした作用機序により、毛髪の発育を促してAGAによる薄毛・抜け毛の進行を抑制します。

ミノキシジルがAGA治療に効果的なのは、血管を拡張させる作用を持つためです。

長くて太い丈夫な毛髪に育つためには、正常なヘアサイクルが保たれていること、そして毛髪に十分な酸素や栄養が行き届いていることが条件として挙げられます。

毛髪の成長に欠かせない酸素や栄養は血液に混じって頭皮の毛細血管に行き渡り、そして毛髪に吸収されます。

しかし、血液の循環が滞っていると酸素や栄養が十分に供給されず、結果として弱々しい毛髪しか育たなくなります。

ですが、ミノキシジルによって血管が拡張し、血液の流れがスムーズになれば、再び毛髪に酸素や栄養が供給されるようになります。

これにより、毛髪の成長環境を整え、抜け毛を抑制します。

 

ミノキシジル配合のAGA治療薬

ミノキシジルは、ロニテンのみが含有しているわけではありません。

ほかにもミノキシジルを含有するAGA治療薬があり、いずれも薄毛や抜け毛の進行を抑制するのに効果的です。

ミノキシジルを有効成分とするAGA治療薬には外用薬と内服薬があり、得られる効果は同じでも使用方法が異なる点がポイント。

錠剤を服用するのが苦手な方は外用薬を用い、患部に直接塗るのが煩わしいと感じる方は内服薬を用いるといったように、自分に合ったタイプのAGA治療薬を選べます。

 

外用薬

ミノキシジル配合のAGA治療薬のなかでも、とくに“元祖”といわれるのがロゲインです。

1980年、アメリカで開発されたAGA治療薬であり、数ある育毛剤のなかでもその歴史は最も古いといわれています。

開発当時はもちろんのこと、何十年と経った現在もなお、人気の育毛剤として多くの人が愛用しています。

ロゲインという名前ではあまり馴染みがない方も多いのではないかと思いますが、リアップという名前ならどうでしょうか。

実はロゲインというのは世界で流通している薬名であり、日本ではリアップとして販売されています。

薄毛や抜け毛が目立つ患部に直接塗布することで、その周辺の血流を促し、丈夫な毛髪が育ちやすい環境を整えます。

ピンポイントで集中的に効果を発現させたい方、内服薬の服用が苦手な方におすすめです。

 

内服薬

従来の育毛剤というと、薄毛や抜け毛が気になる患部に直接塗り込む外用薬が一般的でした。

そんななかで開発されたロニテンは、服用することで育毛効果を発揮する経口タイプのAGA治療薬です。

外用薬に比べて胃や腸からミノキシジルを吸収するため、効果を得られやすく、また即効性についても優れているという特徴があります。

血液に乗って全身にミノキシジルの効果が及ぶため、多毛症を招く可能性が高いのは少々ネックですが、より強い効果を得たい方におすすめです。

また、外用薬は薬液が完全に浸透するまで、帽子をかぶったり入浴したりすることが制限されてしまいますが、内服薬ならそんな心配もいりません。

 

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは、血管拡張作用によって毛髪の成長をサポートし、薄毛や抜け毛の進行を抑制します。

AGA治療において文句なしの効果を発揮するため、薄毛・抜け毛に悩まされている方にとってありがたい成分といえるでしょう。

しかし、その強すぎる作用により、身体に悪影響を及ぼす可能性があることも忘れてはいけません。

どれだけ正しく医薬品を使用しても副作用が現れる可能性はあるので、いざというときに焦らずすみやかに対処できるよう、ミノキシジルによる副作用を知っておくことをおすすめします。

 

主な副作用

ミノキシジルによる副作用として、たとえば頭痛が挙げられます。

これはミノキシジルが持つ血管拡張作用によるものです。脳内の血管が拡張することによって神経が圧迫され、痛みが生じます。

また、ロニテンのような内服薬を使用する場合は、多毛症に注意しましょう。

ミノキシジルの強い育毛効果が全身の体毛に及んでしまうため、体毛が濃くなってしまいます。

そのほか、手足のむくみや目眩といった副作用も確認されているので、覚えておくといいでしょう。

 

重篤な副作用

ミノキシジルによる副作用として多く確認されている頭痛や多毛症は、症状としては軽度なものであることがほとんどです。

しかし、すべての副作用が軽度なもので済むとは限らず、極稀にですが重篤な副作用を引き起こすケースも確認されています。

ミノキシジルの副作用として不整脈や動悸がありますが、これらの症状が重症化すると心筋梗塞や自律神経障害につながる可能性があります。

最悪の場合、命の危機に陥るリスクもあるので、どのような副作用が起こりうるのか、きちんと理解したうえで使用するようにしましょう。

 

併用禁忌薬

複数の病気を患っていると、それぞれに効果的な治療薬を併用することになると思います。

しかし、飲み合わせによっては重篤な副作用を引き起こすものもあるので要注意。

特に命にかかわるような事態を招きかねない医薬品については、併用してはいけない併用禁忌薬に指定されています。

ミノキシジルの場合は、ED治療薬や降圧剤といった血圧低下のはたらきがある医薬品が併用禁忌薬に指定されています。

誤って併用してしまうと、相乗効果によって急激に血圧が低下するおそれがあります。

 

まとめ

ミノキシジルは、血管を拡張してスムーズな血流を促すことで、抜け落ちにくい毛髪が育つ環境をつくります。

それと同時に、血圧低下の効果も期待できるので、高血圧に悩んでいる方にも有効です。

しかし、この血管拡張作用によって副作用を招く可能性があるのも事実。軽度な副作用ばかりでなく、ときには重い副作用を引き起こす可能性もあるので、どのような副作用が確認されているのかをしっかりチェックしたうえで正しく使用しましょう。