ロニテンは内服薬タイプだから効果バツグン!

ロニテンとは

ロニテンは、世界有数の大手製薬会社・ファイザー社(アメリカ)が開発したAGA治療薬です。

剤形は白の楕円形をしており、一般的な錠剤と外見的特徴に大きな違いは見られません。

有効成分として含有するミノキシジルには高い育毛効果があり、AGAによる薄毛・抜け毛の進行を食い止めるのに欠かせません。

ここでは、そんなロニテンの効果や特徴をまとめて紹介しています。ロニテンを用いたAGA治療を考えている方は特に、ぜひチェックしてみてください。

 

ミノキシジルの内服薬タイプとは

ミノキシジルは、AGA治療において1、2を争うレベルで多用されている成分です。

そのため、すでにミノキシジルを含有するAGA治療薬を用いて治療を進めている方、治療するまでには至らずともその名前を知っている方は多いのではないかと思います。

そんなミノキシジルを含有するAGA治療薬のほとんどは、患部に直接塗布する外用薬として販売されています。

それに比べてロニテンは、服用することで効果を発揮する錠剤タイプの内服薬です。

体内に有効成分が吸収されやすく、その分、すみやかに高い効果を発揮します。

また、全体的にムラなく効果を発揮する点も見逃せません。

 

ロニテンの効果

ロニテンは、有効成分として含有するミノキシジルのはたらきによって、AGAによる薄毛や抜け毛の進行を食い止めます。

具体的にいえば、高い育毛効果により、太くて抜け落ちにくい丈夫な毛髪が育ちやすい状態を作ります。

ミノキシジルと同じくAGA治療に高い効果を発揮する成分・プロペシアとはアプローチの仕方が異なるので、併用しても人体に大きな悪影響を及ぼす心配はありません。

むしろ相乗効果によって、よりいっそう高い効果が期待できます。

 

発毛効果

ロニテンの有効成分であるミノキシジルには、血管を拡張するはたらきがあります。

このはたらきによって頭皮周辺の血流が活性化し、毛髪に酸素や栄養が行き渡りやすい状態を作ります。その結果、太くて丈夫な毛髪が生えやすくなります。

加えて、ロニテンは服用することで効果が得られる経口薬であることもポイント。

ミノキシジルを有効成分として含有する外用薬は、塗布した部分のみピンポイントで効果を発揮します。そのため、塗り方にムラがあると効果の現れ方に違いが生じる可能性があります。

それに比べてロニテンなら、ミノキシジルが体内から吸収されて全身に行き渡るので、患部全体にしっかりと効果を発揮します。

もともとミノキシジルが高い育毛効果を発揮することもあり、AGA治療に適した医薬品といえます。

これまで外用薬を使いつつも思ったほど効果が得られていなかった方は、ぜひロニテンをお試しください。

 

血圧降下剤

現在はAGAによる薄毛・抜け毛の進行を阻止するはたらきが周知されているミノキシジルですが、開発当初からAGA治療のための成分として考えられていたわけではありません。

もともとは、高血圧症の治療を目的とする血圧降下剤の有効成分として研究開発が行われていました。しかし、その開発過程において高い育毛効果が発見され、それ以降、AGA治療薬の成分として開発が行われたという経緯があります。

現在は血圧降下剤として使用されていませんが、血圧を低下させる効果はもちろん健在です。高血圧に悩んでいる方は、AGAによる薄毛・抜け毛の進行を抑制しつつ、血圧低下のはたらきが期待できるかもしれません。

 

頭皮がべとつかない

ミノキシジルを有効成分として含有する外用薬は、患部に直接塗布して使用するため、どうしても薬液が完全に浸透するまでの間、頭皮にべたつきが生じてしまいます。

また、完全に浸透したのを確認してからでなければ、帽子をかぶったりシャワーを浴びたりすることもできません。

それに比べてロニテンは、内服薬なのでそういった弊害が生じないというメリットがあります。

頭皮のべたつきを気にしたり薬液の浸透具合を確認したりする必要がなく、気軽に服用できます。

 

AGAを本気で治したい方はロニテンを(まとめ)

ロニテンは、AGA治療に高い効果を発揮するミノキシジルを有効成分として含有していることに加え、内服薬という点が大きなポイントです。

同じミノキシジルを有効成分として含有しているAGA治療薬でも、外用薬だと扱ううえで不便に感じる部分がどうしても出てきます。

しかし、内服薬であるロニテンなら、毎日継続的に服用するだけで効果を発揮します。

外用薬を患部に塗ることを面倒に感じている方、ほかのAGA治療薬では十分な効果が得られなかった方、本気でAGAを治療したい方におすすめの医薬品です。