ロニテンを購入する手段は通販だけ!

ロニテンの通販について

AGA(男性型脱毛症)の治療に用いるお薬は、通常なら専門の医療機関で処方してもらうことができます。

しかし、いくらAGA治療に精通する医療機関といえども、すべてのAGA治療薬を取り扱っているわけではありません。日本で認可されていない医薬品は国内で販売することができないのです。

今回スポットライトを当てて紹介するAGA治療薬・ロニテンは、AGAに対して高い効果を発揮する医薬品です。

しかし、国内で認可されていない医薬品なので、AGA治療を行っている医療機関を何軒訪ねたとしても、処方してもらうことはできません。

ただ、だからといって国内で入手する方法がないわけではなく、ロニテンは通販で購入することができます。

「個人輸入代行サイト」という医薬品専用の通販サイトを利用することで、誰でも簡単にネット注文することが可能です。

 

ロニテンの購入方法

ロニテンを使ってAGAの治療を進めたい場合は、個人輸入代行サイトを使って注文する必要があります。

ただ、個人輸入代行サイトは医薬品専用の通販サイトということで、なかには

「医薬品のネット注文って一般人でもできるの?」
「注文する方法が難しかったり複雑だったりするんじゃないの?」

と思われる方がいるかもしれません。

ですが安心してください。

こういった不安を感じている方でも、簡単に注文することができます。

個人輸入代行サイトは、名前だけを聞けば少し複雑なもののように感じるかもしれませんが、多くの方が日常的に利用している一般的な通販サイトと使用感は変わりません。

専用サイトにアクセスし、そのサイト内にある商品ラインナップのなかから自分が欲しいと思う医薬品を選択。そして注文するために必要な個人情報を入力して注文を確定するだけです。

商品の配送についても一般的な通販サイトを利用したときと同じように、配送先に指定した住所に直接届けられます。

 

ロニテンを通販で購入するメリット

ロニテンは国内で認可されていない医薬品なので、購入するためには個人輸入代行サイトにアクセスしてネット注文するほかありません。

しかし、個人輸入代行サイトを使って医薬品を購入することには、医療機関で医薬品を処方してもらうことに比べてたくさんのメリットがあります。

たとえば、医薬品を入手するために必要な出費を節約できる点が挙げられます。

医療機関で医薬品を処方してもらう場合は、まず診察を受けたり必要であれば治療を受けたりしなければいけません。

しかし、当然診察や治療はボランティアで行っているわけではないので、その分の費用を別途支払う必要があります。

それに比べて個人輸入代行サイトで医薬品をネット注文する場合なら、そもそも医療機関に足を運ぶことがないので、診察や治療を受けることはありません。薬価と送料だけの出費で済みます。

また、医療機関に足を運ばなくていい点もメリットのひとつ。

自分のスケジュールを無理やり変更して診療時間内に通院する、電車や車を使って遠くの医療機関まで移動するといったことがありません。

パソコンやスマホを使い、その場ですぐ注文可能です。

 

ロニテンを通販で購入するデメリット

自宅でパソコンから、あるいは外出先でスマホから個人輸入代行サイトにアクセスして注文手続きを済ますことで、誰でも手軽に欲しい医薬品を購入できます。

医療機関で医薬品を処方してもらう場合に比べて、経済的な負担を軽くすることができるのも魅力的です。

しかし、そんな個人輸入代行サイトで医薬品を購入することには、デメリットもあることを念頭に置いておく必要があります。

たとえば、最も注意すべき点として挙げられるのが偽造品の存在です。

ネット上で購入できる医薬品はほとんどが安心安全に使用できる正規品ですが、なかには悪徳業者がでたらめに製薬した偽造品も確認されています。

誤って購入してしまうと金銭的な損害を被るほか、服用することによって身体に大きな悪影響が及ぶ危険性もあります。

また、個人輸入代行サイトで販売されている医薬品はすべて海外からの輸入品であり、そのことから商品が到着するまで時間がかかってしまうのも難点です。

場合によっては商品が手元に届くまで2週間近くかかることもあるので、緊急を要する場合には不適切な購入手段といえます。

 

個人輸入について

個人輸入代行サイトはその名のとおり、個人輸入を私たちの代わりに行ってくれているサイトをいいます。

海外で流通している医薬品は、個人で輸入することが可能です。これは日本の薬事法によって合法的に認められていることなので、違法行為には当たりません。

しかし、海外から輸入するためには、特別な手続きを済ませる必要があります。輸入先の国の言語でやり取りをしなければいけないほか、手続きの内容が専門的であることから、一般人ではとても手に負えるものではありません。

そこで頼りになるのが、個人輸入代行業者です。

私たちの代わりに輸入手続きをすべて済ませたうえで海外から医薬品を輸入し、個人輸入代行サイトで商品としてその医薬品を販売します。

こうして彼らのおかげで私たちは、面倒な手続きを一切することなく海外医薬品を簡単に購入することができるのです。

 

海外医薬品について

日本で目にする医薬品は大きく分けて、薬局をはじめとする店舗で購入可能な「一般用医薬品」と医療機関で処方される「処方箋医薬品」があります。

このうち処方箋医薬品は、医師が出す処方箋がなければ購入することができません。このことから、必然的に医療機関に通院し、診察を受ける必要があります。

しかし、これはあくまでも薬事法によって定められた日本国内のルール。日本の医薬品には適用されますが、海外の医薬品には適用されません。

そのため、日本で処方箋医薬品に指定されているものであっても、海外で流通しているものなら処方箋なしで購入することが可能です。

このことから、処方箋を持たない状態で個人輸入代行サイト内の医薬品を購入しても、違法性はないので安心してください。

 

まとめ

ロニテンはAGA治療に効果を発揮する医薬品ですが、購入するためには「個人輸入代行サイト」という医薬品専用の通販サイトを利用する必要があります。

とはいえ、取り扱っている商品が医薬品に特化しているかどうかという点を除けば、多くの方が日常的に使用している一般的な通販サイトと何ら使用感は変わりません。

違法性もないので、安心安全かつ手軽に欲しい医薬品を手にすることができます。

しかし、個人輸入代行サイトを利用する際は注意すべき点もあるので、そのことを念頭に置いておく必要があります。